パソコン豆知識 ~ウイルス対策編~

パソコン豆知識 ウイルス対策編

孫子曰く「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

 

新種のウイルスは、ウイルス対策ソフトをすり抜けます。白いウイルス対策ルーターもすり抜けて感染します。(どうすれば…PDF

最近のウイルス例

パソコンフリーズ電子マネー詐取

ブラウザのバグを突いて詐欺画面を表示し、マウスを使えなくして警告音や音声で焦らせ、詐欺センターに電話をかけさせて遠隔操作に持ち込み、電子マネーをコンビニで買わせて詐取する。

感染したら ー タスクマネージャーから消す。又は、電源ボタンを押す。

予防法 ー ブラウザの更新を時々行う。右上の団子ボタンから最新版へ更新できます。

Edge更新
Edge
Chrome更新
Chrome

 

パソコン修理詐欺に注意

 

ファイル暗号化身代金要求ウイルス「エモテット」

コンピューター内のファイルを次々と暗号化して身代金を要求する。身代金を払ってもファイルを復号できる保証はない。暗号化は、気づかれないようデスクトップ以外から行われる。過去メールや、メールアドレス帳、メールパスワードを取られると、別のサーバーから、それらを利用してウイルス付メールが大量に送られる。取引先からの通報で感染に気づくこともある。

感染したら - 直ぐに電源を切る。メールアドレスのパスワード変更。

予防法 ー 偽装メールの添付ファイルに気を付ける。ウイルスのワードやエクセルのマクロを実行すると感染する。バックアップする。

Emotet感染チェックツール「EmoCheck」

 

迷惑通知

画面右側からウイルス警告の通知が頻繁に出る。ブラウザの機能を使っている。特定のウイルス対策ソフトの広告が多い。

感染したら ー ブラウザをリセット。「通知とアクション」設定で通知をオフにする。

予防法 ー 通知はブロックする。

McafeeMalware Crusher

McafeeMcafee

 

勝手に点検ソフト

定期的にコンピューターをスキャンして問題点を警告し、ソフトを買わせようとする。その内容は、嘘か、気にする必要のない項目。

感染したら ー そのソフトをアンインストールする。

予防法 ー ネット広告や、フリーソフトのインストール時に一緒に入るから気を付ける。

RegCleaner ProSimple Driver Updater

 

大量の迷惑メール

ただの宣伝だけではなく、ウイルス、ウイルスリンク、各種会員IDとPW詐取サイトのリンクなど、トラブルの切っ掛けになるメールも大量に届きます。一旦、メールアドレスが漏れると、それらのメールがどんどん増えていきます。

それらが来たら ー まともな企業の宣伝メールなら、末尾に解除方法が載っています。そこから解除できます。それ以外は、プロバイダー側のメールサーバーで迷惑メール対策を行うことができます。月額数百円で利用できます。プロバイダーによっては、無料で海外からのメールを遮断できます。迷惑メール学習機能があるメールソフト「サンダーバード」を利用する手もあります。あまりも多い場合、メールアドレスを変更するしかありません。

予防法 ー 懸賞サイトや、色々なお店の登録などでメールアドレスが漏れていきます。なるべく、あやしいサイトでは登録しないようにします。自社のWebサイトにメールアドレスを表示している場合、ロボットが自動収集していきます。それを避けるには、メールアドレスを表示せずに、お問い合わせをメールで受ける方法に変更して、メールアドレスを変更してしまう方法があります。

 

事務所全体の対策

ウイルスは、古い共有プロトコルのバグをついて、ネットワーク越しに広まるものもあります。Windows10や11では、ウイルス対策の為に、その古いプロトコルを停止しました。その為、パソコンを買い替えたら、古いNASや複合機が見えなくなったという現象が起こっています。見えないと仕事にならないので、とりあえず、共有プロトコルの設定を戻して、それらを見えるようにするのですが、ウイルスに弱い状態になっています。出来たら、パソコンを入れ替える時、古いネットワーク機器も交換して下さい。

 

個別の対策

  • お試し版のウイルス対策ソフトは、必ずアンインストールする。期限切れで無防備な状態になっているパソコンを時々見ます。それをアンインストールしてしまえば、マイクロソフトがあらかじめ用意しているDefenderが自動で効いてきます。無料で使えます。
  • ブラウザの更新(手動)。ブラウザの更新は頻繁に行われています。
  • WindowsやOfficeの更新。ある程度、何もせず電源点けっぱなしで行われます。
  • フリーソフトに引っ付いてくる迷惑ソフトに気を付ける。レ点を外せばインストールされません。
  • メール添付のワード・エクセルのマクロは開かない。身代金ウイルスの感染経路です。
  • バックアップする。

 

迷惑なWindowsの通知

Windows10は、途中から、迷惑な案内や表示が出るようになりました。突然、ニュースや天気などが画面三分の一くらいの大きさで表示されたり、起動時に、時々、マイクロソフトアカウント利用の案内が出たりします。

Windowsの迷惑表示

起動時の案内

それらの解除方法

ニュースと関心毎 検索のハイライト

通知オフ
スタート横の検索に「通知」又は「アクション」と入力