パソコン豆知識 ~データ保全編~

パソコン豆知識 データ保全編

 

パソコンが起動しない・まともに動かない

パソコンの動かない原因が記憶装置の場合、システム修復などを行えば行うほど、記憶装置が壊れていきます。壊れだした直後なら、まだデータが生きている事が多いのですが、故障が進行していくと、データも消えてしまいます。出来るだけ早いうちに当店へお持ち頂ければ、データだけでなく、Windowsのシステムも修復できる可能性が高くなります。

メーカーはデータ消滅対応

また、メーカーに相談すると、故障原因がハードかソフトか切り分けるのに再セットアップを案内します。再セットアップをすると、データは消えます。メーカー保証はハードのみなので、データは無視した対応になります。電話対応では何ともならない場合、工場に送る事になりますが、修理に出す時、必ず記憶装置の所有権放棄させられます。記憶装置の交換になると、個人のデータが入ったHDDは帰ってきません。それ以外の交換でも、パソコンはリカバリされているのでデータは消えています。その為、保障といっても、データ維持を希望すると、別会社紹介で、いいお値段です。

家電量販店

メーカー修理の取次です。修理したとしても、メーカーと同じ内容です。

 

IT格言「データは同じものを3か所に」

デジタルデータは現金や有価証券などと違ってコピーができますので、堅牢な金庫に保存するというイメージではなく、コピーして分散保存が基本です。記憶媒体の特徴や使いやすさを考えて、何か所かに保管します。

一例

データは三か所に

バックアップ3-2-1ルール
バックアップ3-2-1ルール

 

気づいてないデータ消滅の危機

最近は、記憶装置が大容量になり、膨大なデータが保存できるようになりました。ただ、デジタルデータは保管を誤ると簡単に消えてしまいます。外付けHDDが壊れて10年分の写真が消えたというような話は枚挙にいとまがありません。 そこで、これは危険だという例を挙げてみようと思います。

データはPC内のみデータは外付けHDDに退避しているデータはUSB内のみデータはNAS内のみバックアップなし、壊れているかもデータをフラッシュメモリで長期保管している

IT格言「NASで安全は罠」

NASは、HDDを複数台使って自動でデータを多重にできるから安全安心と宣伝されていますが、実際は、壊れ出すとRAID崩壊を起こす事があり簡単にデータが消えます。その上、複雑なRAIDという仕組みがデータ復旧の障害になっており、業務で使う重要データがテンコ盛りになっているので、データ復旧しようと業者に持っていくと、とんでもない高額な価格を提示されます。「NASで安全」は誤解です。データを守るには別媒体に多重バックアップが基本です。

 

勝手にドライブの暗号化

WindowsにBitLockerという記憶ドライブを暗号化する機能があります。仕事向けPCによく搭載されているPro版に付いています。初期設定時、BitLockerを意識して外さないと、自動的に記憶ドライブが暗号化されます。その時、解除キーやマイクロソフトアカウントを保管していればいいのですが、無くなって不明な場合があります。そうなると、起動障害などが起こった時、データが取り出せなくなります。必要なければ、暗号化を解除しておいた方が、もしもの時にデータが出やすくなります。

BitLocker
BitLockerで暗号化されているドライブには鍵のマークが付く

解除方法

設定の「BitLockerドライブ暗号化」で、BitLockerを無効にする。解除は時間が掛かります。

BitLocker解除

 

バックアップの種類

同一バックアップ履歴バックアップ

バックアップよし!

データ消去

ソフトで消す

消すのにやたら時間が掛かる。
その後、利用可能。

物理的に破壊する

速い簡単
その後、利用不可

データ流出事件

データ消去業者の従業員がHDDを横流ししデータ流出。納税などの膨大な県民データを流出された神奈川県庁は大激怒。

安全なデータ消去方法

記憶装置とデータを、紙と文章に例えると分かりやすいと思います。ノートに書てある文章を、時間を掛けて全て消しゴムで消す人はいません。普通、破いてゴミに捨て燃やします。パソコンの記憶装置もこれと同じで、物理的に破壊するのが早くて隙が少なくなります。

当店では、届いたHDDは即破壊し、破壊画像とシリアルナンバーをWebサイトに掲載しています。

2.5インチHDDの山折り破壊
当店で行っている山折り破壊例。2.5インチHDD。
3.5インチHDDの山折り破壊
当店で行っている山折り破壊例。3.5インチHDD。