仕事で使っているパソコンを今度買ったパソコンに入れ替えたい。初期設定とデータ移行をして欲しい

パソコンの初期設定なんか業者に頼むほどでもないと思われがちですが、それなりに使えるようになっているだけで、使いやすくなっているとは限りません。マイクロソフトやメーカーが自分のサービスに取り込もうと、初期設定の流れに組み込んでいます。当店でしたら、余分な設定は回避しつつ、インストールされてない必要なソフトを入れたり、ウイルス対策ソフトなどの色々な設定を施します。知っていれば回避できる無駄な出費が抑えられて、初期設定費用が浮いてしまう事もあります。

また、データ移行が曲者で、デスクトップや写真などのデータをコピーするだけでは足りません。メールの過去データや設定、ネットのお気に入り、壁紙、付箋、年賀状の住所録データなど、あると便利なデータも移行しています。データ移行は外付けHDDを使いません。新旧パソコンをケーブルで直結して行います。外付けHDDを使うやり方では、それにデータが残っており、データ漏洩の危険性が発生します。データ移行は、壊れたパソコンでもデータが生きていれば行えます(データ移植)。

これらを自分で行うと、よほど詳しい人でない限り、調べながらになり結構時間が掛かるはずです。すんなり行かない事もあります。例えば、つい最近、マイクロソフトOfficeの認証で不具合があり、案内通りでは認証できない事がありました。こうなると無駄に時間が掛かるばかりです。

 

今回は、パソコン1台で、メールが5個あり、それら全ての過去メールや設定を移行しました。振り分けの移行も行いました。旧パソコンで出ていたメールの証明書警告も出ないように設定しました。全てのデータ量は5GB程度で大した量ではありませんでした。持ち運んで使われているようで、Wi-Fiの設定が8件ありましたが、全て設定しました。作業は、少し躓いたところもありましたが、全体的にはスムーズに進み問題なく完了しました。

 

パソコン買い換え設定&データ移行データ移植